大島石マガジン

第13回「石屋治衛門」

2013/07/01

かように人気な大島石ですが、

もとをたどれば、どのような経緯で発見され、

流通が確立し、現在に至ったのでしょうか。

原石採掘のルーツは、各産地によって様々ですが、

われらが大島石を語るとき、必ず登場されるのが、この方。

石屋治衛門     です。

IMG_4068

じえもん と呼ぶか、 はるえもん と呼ぶかは両説あるそうで、

わたしの父親は、「じえもん」と呼んでおります。

この治衛門さんは、 もとは太閤秀吉が大阪城を築城するときの人夫のひとりであったと言われております。

築城にあたって石積みの技術を習得した治衛門は、

地元今治に帰って来ます。

そして後に藤堂高虎の命により、今治城の築城が始まるのですが、

治衛門は石工の棟梁の一人として召し使えられます。

やがて2年の歳月をもって今治城は完成を見るのですが、

城には、落城に際しての城主の秘密の抜け道 がつきものです。

その抜け道は、絶対に一般に知られてはいけない機密事項のため、

その建設に関わった人間はひとり残らず処刑されることに。

このことを事前に察知した治衛門は、同志をひとり引き連れて、

今治を脱出することを決意します。

月の暗い夜に、かねてから用意していた筏でもって、

静かに川から沖へ脱出します。

そして流れ着いたのが伊予大島であり、

念仏山の奥深くに潜んで、処刑された仲間たちの供養をした、

と言い伝えられています。

※ ”かねつき堂”といわれるその場所は、現在でも石垣が残っております。

その治衛門こそが、石工の技術を用いて大島石原石採掘の祖となった、

という伝承が、最もポピュラーな歴史解釈となっております。

築城、秘密の抜け道、関わった人夫の処刑と脱出と、

とてもドラマチックな伝説ですね☆

日常なにげなく使っている道具や素材にも、

そのルーツやストーリーを紐解くと、とても興味深く、

愛着が沸くものも多くあります。

それは私たち日本人が、

”ただ単に良いもの” ”便利なもの”

ではなく、

”歴史の重みを感じるもの” に

なにがしかのシンパシーを感じる部分が強いからなのかもしれません。

そして、 ”祖を持つ” ということは、今の時代とくに、幸せなことだと思います。

それは精神的なルーツ、拠り所をもつことです。

”祖”を持たねば、歴史もなく、

歴史もなければ、文化もなく、

文化もなければ、国もありません。   国がなければ、、、、、、???

私自身も、こういった ”祖” をより大切にしていきたいと思います。

 

 

大島石”山西”産出元 ㈲山西石材 小田和比古

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top