大島石マガジン

第16回「お待ちいただく価値のあるもの」

2013/10/16

現状の墓石は一般の方から見ますと、

 

まるで、 ”スイッチを押せばポンっとでる

 

と言わんばかりの短納期で建てられるようになっております。

 

 

 

家族のどなたかがお亡くなりになられ、お葬式に後始末に、、、、、もろもろを終えて、

ようやく一息ついた一週間後くらいになって、

 

 

49日までにお墓を建ててください。できるんでしょ

 

 

といった依頼を、墓石小売店では多く受けるようになりました。

※ そうすると実際には、30日弱くらいしか納期がありません。

 

また小売店としてもその短納期を売りにして広告宣伝をされる業者さんもおられます。

 

 

一時期、原石が豊富にあり、さらに中国での安価な加工が全盛だった頃には、

それも可能だったのですが、

(※ 中国まで石を輸送して、加工してまた戻ってくることを考えても、そのほうが早く、安かったのです)

 

中国も景気が上がってきた現在は、そう思うに任せられなくなってきました。

 

実際のお墓って、どうやってできているかといいますと、、、、

まずはこうして原石が出て

IMG_0521

 

 

そして運んで

 

IMG_6106

 

 

工場で切削、加工して

 

2

3

 

 

厳しい点検を経て、、、、(ここで残る石は、全体の5%以下!)

 

製品になります。

IMG_3796

 

 

 

 

現状はといいますと、国内でも人気の高い工場は、ものすごい受注量を抱えてフル稼働しております。

どうせやるなら、信頼の置けるその工場で作ってもらいたい。

 

しかし、あまりその工場に仕事を詰め込み過ぎると、

やはり人間ですから、クオリティは下がりますし、事故の危険性も高くなります。

 

ではどうするか。

 

 

必殺、  ”待つ”  ことです。

 

 

拍子抜けしました???笑

 

 

 

 

そりゃあ49日の法要の時に、お墓も出来ていて、なかなか集まれない親戚一同で

納骨式も一回で済ませられるほうが望ましいに決まっています。

 

 

しかし。

お墓を建てることは、一生に一回あるかないかの大イベントです。

感覚的には、住まいを建てるのと同じですが、

お墓の方がさらに耐用年数が長いです。1000年近く経っても、石は基本的に大丈夫です。

 

集まってくれる親戚一同ももちろん大切なのですが、

それを気にしすぎて、やっつけ仕事のお墓を建てるのは、

本末転倒のような気がします。

 

一番大切なことはやはり、

 

そのお墓の中で眠る人   ではないでしょうか。

 

であれば、法要は法要で済ませても、

お墓はしっかりしたものをじっくり作ってもらって、

いいお墓の中で眠ってもらうほうがお互い嬉しいのではないでしょうか。

 

 

じっくり待って、工場を信頼して、

いいお墓を作ってもらう。これは今や贅沢なことのように思えますが、

金銭的には負担に変わりはないでしょう。

 

それはただ、じっくり ”待てば”よいだけです。

 

 

そうして”待つ”あいだ、石のこと、お墓の成り立ちのことなど、

石屋さんに通っていろいろお話してみてください。

その時間もきっと有意義なものとなり、

 

できたお墓への愛着も増して、

自信をもってご先祖様にプレゼントすることができると思いますよ☆

 

※ ただし、発注後の仕様変更はご用心。。。

石は一度作り始めると、もうあとには戻れないものですから(笑)

 

お墓づくりを是非、楽しんでくださいね。

1

 

広島県某所で建てた供養塔。

香川県は高松市の熟練職人の手による”小叩き仕上げ”は、

柔らかな風合いが素晴らしすぎる出来栄えです。

私なぞは、うっとり見とれてしまいます。

 

 

大島石”山西”産出元 ㈲山西石材 小田和比古

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top