大島石マガジン

大島石と布袋草:vol257

2016/07/31

IMG_2499

 

大島石の山西石材マガジンです(*´ω`)

 

個人的に飼い始めて、4年くらいになるかな?

めだかの水連鉢に布袋草を入れているのですが、

こちらの花が咲きました(^_-)-☆

 

よほど環境がいいのか、毎年咲きます☆

しかし、このお花 きれいなのですが、

咲いている時間はほんとうに短い。

 

なんと二日くらいでしぼんでしまうんです。。。。。

 

 

なんとも儚い。でも、だから美しい。

桜が大好きな日本人特有の、もののあわれってやつですかね(笑)

 

 

さて一方、大島石をはじめとする墓石材は、

どちらかといいますと「耐久性」 といいますか、

「永く保つ」 ことがその価値のひとつとしてあります。

 

実際、自然のものであれ人工のものであれ、

1000年もの時を超えてそのカタチを保持するのは、

この石、とくに大島石を含む”花崗岩”をおいてほかにないと思われます。

 

 

しかしですね、その耐久性に価値をおくあまり、

墓石に望まれる石の品質が少しおかしなことになってしまっているのも事実なのです(゚д゚)!

 

 

どういうことかといいますと、、、、、

「変化しないこと」

「建てた状態を永く保つこと」

これらにのみ価値をおいてしまうとですね、

結論から言って

 

「そんな石はない」     のです(´・ω・`)。

 

 

石は呼吸もしていれば、水を吸ったり吐きだしたりしている自然の産物です。

その程度の差はありますが、

まったく水を吸わない   まったく変化しない   石なんて存在しません。

 

 

私が考えるに、そこで大切なことは、

「どのような経年変化をするか」

これではないでしょうか。

 

 

そもそも、 未来永劫ずっと変わらない  ということも、

自然の摂理に反していることだと思いませんか?

 

 

ともかくも、 いずれにしろ石は変化します。

急激な変化をするものもあれば、ゆるやかに味わい深くなっていくものもあります。

そんな特性を知ったうえでお墓選びをすると、より楽しめるものとなりますよ☆

 

 

ここで大島石はといいますと、

「ゆるやかに変化し、味わい深くなっていく」

石だといえます。

ただしその変化とは、 優れた堅さや耐水性に裏打ちされたものですから、

「いきなり形が崩れた」 とか 「ボロっと亀裂だらけになった」 とかいう類のものではありません。

※ もしそういうことがありましたら、それは加工段階でのミスです(;O;)

 

いいかえれば、

 

「そのカタチは大きく変えずに、

その表情を長い年月の中で少しずつ変化させていく」

 

ということになるでしょうか。

毎度とりとめないお話になりますが(苦笑)

 

 

大島石産出元 ㈲山西石材 小田和比古

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top