大島石マガジン

第63回「大島石あれこれVOL4」

2014/01/05

私はよく思うのですが、

他の職業、例えば、床屋さんとか他の店舗では、

経営的に悪ければ悪い程、客が来ないから身体なりと楽なんですが、

大島石丁場に於ては、悪ければ悪い程肉体労働の量質ともに激増し、

なけなしの資金が流出するスピードも早いんです。

 

それよりも何にも増して辛いのは、

共に働いてくれている職人さんの方が先に山に見切りをつけてしまう事なんです。

連日の仕事に徐々に覇気を失って行くのが、手に取るようにわかるんです。

またそんな時に限って、事故や怪我も多く、

また各種機械類までもよく故障し(各種機械類の大部分は、廃土石処理のためにある)

全くいい所なしなんです。

 

これがしばらく続くと心身の過労と底の見え始めた資金と行先の不安でふらふらになり、

もうこうなりますと正にこの世の地獄です。

 

 

では、思い通りに石に当たればどうなるか、

全述の当らなかった時に味わう諸要素が全く逆になり、

身体は楽であり良質の石だと仲買いが群り相当な所得も得られ、

大島石の産出が順調な時の経費なぞ知れたものなんです。

 

では、地獄の正反対の極楽かと申しますとそれも案外そうでもないんです。

それは何の職業にでもあるんでしょうが、石山の宿業とでもいいましょうか、

その心配の内容がかなり深刻なんです。

 

 

まず大島石は自然石ですから、取ればなくなり、再生不可能な完全な消費材ですし、

多発する労災事故にも何時も脅えていなきゃあなりません。

それに収益性と安全性(労働安全)という二律背反の事業の特質と、

どんなに安全対策を立てても、

作業の性質上事故の要因を完全に取り除く事は不可能なんです。

 

 

大島石の産出過程にも自然相手の仕事独特の不確定要素(取って見なければ解らない。)

その他採取場及びその周辺の借地の問題等々、

努力だけでは絶対に解決できない事が多く運に任せて流れているような所があるんです。

 

 

 

その一見派手に見える生活も、それは不安と脅えの裏返しなんですから、

少しも羨ましがられる事はないんです。

 

一見華やかに見えてもその実、大変孤独な事業ともいえるんです。

 

 

続く

 

 

 

 

大島石産出元 ㈲山西石材  小田 和比古

フリーコール 0800-700-1194

 

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top