大島石マガジン

第64回「大島石あれこれVOL5」

2014/01/06

たとえ小規模で全述のような内容の事業であっても、

大島石は宮窪町の主要産業の一つでありこれが自然を破戒する作業ということになりますと、

当然の事ながら、事業としての社会性とモラルが厳しく問われる時代になっております。

 

 

その社会性の中の一つの雇用力は現在の所約二〇〇名程なんですが、

この人達を労働災害から守り、その生活を向上させることが、

この町が過疎の町から免れるための大きな役割を背負っていると言っていいでしょう。

 

大島石は現在でもまだその大部分が露天作業であり、

酷暑と寒風の中で常に危険な要素囲まれていて尚、

石切場に踏み留まってくれている人々は正にこの業界の宝なんです。

 

この職人と呼ばれた人達、

その奥の深い不確定要素の固まりのあの硬い大島石をテキパキと手早く処理していく技術は、

書に著わせば十分に一冊の本を成す程なのです。

 

 

 

大島石丁場の仕事というものを一口に申しますと、

それは露天の厳しい肉体労働でありながらその大部分が予測で成り立っているのです。

土の下にある大島石の予測から始まって、

大きな塊状岩石(商品価値のある大島石)を大地から火薬を使って切って離す作業から

小さな墓石の形にするまで作業は全て予測でもって進められ、

その予測と結果の誤差の少ない程、良い職人と呼ばれる訳なんです。

 

勿論、大島石の割れ方には、水平、東西、南北とそれぞれ規則性を持ってはいるのですが、

(この規則性を現場では目と言い、学校ではへき開と教えられます。)

それ等が非常に曖昧なのです。

これを長い経験でもって巧みに利用しながらその曖昧さを腕で補いつつ

順々に小さく仕上げていくのです。

 

こうした貴重な丁場で働く人々が年老いた退職の時点に於て残ったのは、

借金と神経痛だけなどといった悲劇をなくすため、

事業主もまたノミ槌の丁場から近代的な採石事業への脱皮のため、

石材単価の大幅引き上げの必要があり、

これは随分と危険な賭けを繰り返してきたものです。

 

お蔭様にて、何とか最低限の福利厚生も行き渡りつつあり嬉しい限りです。

 

 

それにしてもまあ長い間、

近頃はやりの権利主義など殆んどしないで黙々と働いてきたものです。

今だに昔ながらの親方と若衆の関係に近いのです。

 

 

権利と言えば、今の世の中全く権利主張の渦の中にいるようなもので、

それと不可分である筈の義務の方が忘れがちに見えてなりません。

例えば、よく聞く国家からの補助金の争奪などのいい例で、

現在の複雑な社会機構や体質、また時と場合にもよる事は、

よく承知している積りなんですが。

 

 

所詮国家なんてものは、隣人の集まったものであり、

国に対しての権利主張はお隣の人に向かって、

あなたは私の生活をもっと向上させる義務があるとわめいているようなもので、

そんな恥ずかしいことを言っている暇があったら、

義務先行と自助努力をなすべきです。話がちょっと横道にそれてしまいました・・・・・。

 

 

続く

 

 

 

 

大島石産出元 ㈲山西石材  小田 和比古

フリーコール 0800-700-1194

 

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top