大島石マガジン

第66回「大島石あれこれVOL7」

2014/01/08

私が大島石で生活の糧を得るようになってから十八年の歳月が経過致しております。

ようやく今年長女が小学校に入学です。全く夢のような歳月でした。

 

 

このように私が丁場師として石山に夢中になっております間に、

まあ世の中変れば変ったものです。近頃、PTA等の会合に出席してみて、

その家庭生活にまで及ぶ凄まじいばかりの学校の生徒管理に、

まず卯天してしまいました。

 

私は人からよく子供を大事にし過ぎるという御意見を頂戴致します。

年を取ってからの子供ですので、全くその通りでありますから、

卒直にこれを認めて恐れ入っているのですが、

しかしながら親があるのに愛護班が無ければ、

海があるのにプールが無ければ子供が良い子に育たないなどとは毛頭思っておりません。

 

ましてや親が学校の大掃除をするなど、

どこかの遠い外国の古いお話で日本の学校の現況とはとても思えませんでした。

もうこうなりますと過保護を通り越して、今はやりの責任転化の悪循環で、

国を揚げての甘やかし教育、行く末が見物です。

 

 

私の教育に関しての無知無見識ぶりはこの位にして、

この十年程の間に大島石材業界を取り巻く容態はどう変わったか。

実はこれも学校の生徒管理に変わらず

行政(愛媛県)の管理が正に音を立てて押し寄せる如く、

この業界を席巻し、身動きもままならないのが現況です。

 

たとえ小規模とは云え、事故も多く、環境を破壊すると云うことから、

その作業過程は自然へのいたわりと豊かな人間愛に裏打ちされたものでなければならないのは我々業者も十分に承知していることなんですが。

 

その内容は一般の方には想像もつかないような複雑多岐に亘っていて、

その対応と対策には随分と無駄な学力を費やしているんです。

 

 

全く夢のない話なんですが、現在我々丁場師に許されている全くの自由と云えば、

誰を雇ってもいいことと製品を誰に売っても良いと云うこと。

それに建設機械の選択ぐらいのものなんです。

 

種々の事情があるにせよこれまた、責任転化の悪循環の見本であります。

これからの日本人はもう少し自己の確立と云った様なものから考え直す時期に来ているように思えます。

行き過ぎた管理社会は建前ばかりが先行し、全く実情とかけ離れた書類の山が行政の間を廻っているだけなんですから。

 

 

ところが我々丁場師は、その(1)から(4)で前述致したように、

何もかもが感と予測で成り立っている商売ですから、

こう云う仕事を長い間続けておりますと全ての物事を近頃はやりのフィーリング(感覚)でやり飛ばしてしまう癖がついてしまうんです。

 

仕事そのものの浮き沈みも大きく、不安定であり、また失敗や見込み違いも多く、

細かい事にこだわっていては長続きしないんです。

つまり大雑把な性格が形成されてしまうんです。

またこの大雑把な性格こそがこう云った賭け仕事には不可欠な活力源ですので一層始末が悪いんです。

 

 

こう云った自由奔放な性格が形成されてしまった丁場師達を、

息も詰まるような管理の枠に当てはめるということは、いわば抜き身の包丁を風呂敷で包むようなものであり、

一重、二重では包む方も怪我をするので五重、六重にもした結果が現況のようになったんだと思います。

行政側もその存在意識をかけての戦いですから(簡素化すると仕事がなくなる)、この業者と行政(愛媛県)との葛藤は当分続くとの予想です。

 

続く

 

 

 

 

 

大島石産出元 ㈲山西石材  小田 和比古

フリーコール 0800-700-1194

 

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top