大島石マガジン

第67回「大島石あれこれVOL8」

2014/01/09

また如何にフィーリングでやり飛ばす丁場師でも交通と通信網が発達し

更に二十ヵ国にも及ぶ世界各国のさまざまの石材が大量に輸入されている現状では

墓石市場について無関心ではいられなくなりました。

 

関西市場は大島石中心の廻っていると云う事で、

利にさとい日本の商社が世界各国から大島石に似た石を探し出し、

それ等を大量に輸入してくるんですから我々もうっかりしてはおられません。

更に加工機械の発達により墓石工場は末恐ろしい程の大量生産を続けており

これも完全に供給過剰の時代に入りました。

 

我々は採算性は別にしても、

よくもまああれだけ大量の墓石が売れて行くものだと感心致します。

また加工屋さんなどを見学致しますと、

どの工場にも世界各国からの輸入外国材が山積みされ、

数十種類の色とりどりのサンプルが置かれ、

その中には只美しいと云う丈なら大島石より美しいのがいくらでもあるのです。

 

 

このような激しい競争の中にあって、

販売業者の努力もさることながら大島石がよくもまあ売れて行くものだと不気味でさえあるのです。

これが消耗品で無い丈に需要の頭打ちが心配されるのです。

 

 

最後に大島石の埋蔵量のお話です。石の無くなる心配。

これは丁場師のみならず、大島石に経済的に関する販売業者、加工業者、

更には町民の皆様までの一大関心事であります。

 

これも見た目にはぐんぐん底をついている感がするものの、

石の埋蔵量はあくまで切石の歩留り(採算性)の問題ですから、

これ等も大型建設機械の積極的な投入により、

作業のスピードでもって生産性の低下を防ぎ、歩留りが低いとみなされていた場所等も

相当に残っておるため生産量をある程度低下させないで

まだまだ相当の期間継続採取出来る見通しを持っております。

 

 

このように現在の丁場師は厳しい行政管理と激しいシェアー(市場占有率)争奪戦、

歩留りの低下から来る広い廃土石置場の必要性等々、

多くの問題を抱えており、その未来展望は決して楽観は許されません。

 

 

建前と責任転化の悪循環、人間の行動から能力に至るまで、

全てコンピューターによって管理されんとする夢の無い世の中にあって、

我々丁場師は幼児が架空の世界のみに存在するサンタクロースを夢見るように、

大地の下に全てを賭け、

人間が人間である所以の限りない夢と想像の仕事でもって生きていられる事は、

結果はともあれ、幸わせ者であるのではないかなどと考えたりもします。

 

 

 

終わり

 

・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

この記事はもはや30年以上前のものになりますが、

根本的な石材業界の様子は大きくは変わっていないと思います。

 

”変わらない”のか、”変われない”のか。 どちらもあるような気がしますが・・・。

 

ともあれ、多くの方がこれを一読すると、まあなんともネガティブな、

という印象をお持ちになると思われますが、

しかし会長本人も、精一杯の山石屋への愛情を込めて綴った、

と回想しております。

 

 

私個人としては、映画”アルマゲドン” をよく引き合いの出すのですが、

あの映画で原油の採取場で働く面々というのは、

なにやら大島石採石所で働く男たちと共通したところがあるように思うのです。

 

いわばその人生のすべてを、神の采配に任せ委ねていると言えるのですから、

そのなんともいえないおおらかさというか、大雑把さというか(笑)

 

 

しかし地球からものを奪う という、

必要不可欠でありながら極めて特殊で少数なこの仕事は、

もうほぼ ”神事”に近い、とすら思えます。

 

 

日本国の文化的側面からみても、それは継承し、維持していかなければならないと、

そう感じます。

 

 

 

 

 

 

大島石産出元 ㈲山西石材  小田 和比古

フリーコール 0800-700-1194

 

oda

バックナンバー

▶ 大島石といのちの旅 Vol.275

▶ 大島石と、サン・テグジュペリvol.274

▶ 大島石と鍛冶 vol.273

▶ 大島石と革vol.272

▶ 大島石と朝の空 vol.271

▶ 大島石と仕上げvol.270

▶ 謹賀新年と大島石 vol.269

▶ 大島石と年の瀬vol.268

▶ 腐らない大島石② vol.267

▶ 腐らない大島石 vol.266

▶ 大島石と故郷 Vol.265

▶ 大島石インスタグラム Vol.264

▶ 大島石と叩きの肉感Vol.263

▶ 大島石と商品開発Vol.262

▶ 大島石と盆灯篭Vol.261

▶ 大島石とスタイルそしてトレンドvol.260

▶ 大島石とアルビノ vol.259

▶ 大島石と地獄谷 vol258

▶ 大島石と布袋草:vol257

▶ 「大島石と伝統工芸」 Vol256

▶ 「大島石と大山石”私が大山石を好きな理由”」 Vol.255

▶ 第254回「ふるさとの国土に眠る」

▶ 第253回「pray for one」

▶ 第252回「決選投票!」

▶ 第251回「大島石とWEBと熱狂の加速」

▶ 第250回「大島石とご神体」

▶ 第249回「大島石とアーバンライフ」

▶ 第248回「不死鳥の石と大島石」

▶ 第247回「大島石とオバマ大統領とアイデンティティ」

▶ 第246回「地獄谷の大島石」

▶ 第245回「大島石とTV放送」

▶ 第244回 「大島石の値段」

▶ 第243回「大島石とグランツ―ㇽせとうち」

▶ 第242回「大島石小割」

▶ 第241回「大島石ジェットバーナー」

▶ 第240回「大島石と日本の原風景」

▶ 第239回「大島石 新規バーナースタート」

▶ 第238回「とりあえずこれ呑んどけ”大島石”」

▶ 第237回「149DC-石工男子」

▶ 第236回「奉安」

▶ 第235回「和を以って貴しとなす」

▶ 第234回「仏道と大島石」

▶ 第233回 「 感性の刺激 」

▶ 第232回「謹賀新年」

▶ 第231回「大島石とノームコア」

▶ 第230回「大島石 産地見学」

▶ 第229回「大島石 地中と宇宙と」

▶ 第228回「安心してください、、、国産ですよ。」

▶ 第227回「祈り」

▶ 第226回「大島石は1000年先まで」

▶ 第225回「弔辞」

▶ 第224回「大島石900万年待ち」

▶ 第223回「大島石と日本の原風景」

▶ 第222回「大島石と霊園」

▶ 第221回「大島石の石肌感触」

▶ 第220回「大島石ランチョンマット」

▶ 第219回「コストダウンの代償は」

▶ 第218回「家族と、友と」

▶ 第217回「大島石のランク③小売店~総括編~」

▶ 第216回「大島石のランク②加工メーカー」

▶ 第215回「大島石のランク①採石所」

▶ 第214回「大島石のランク」

▶ 第213回「自然は好きですか?」

▶ 第212回「大島石特級材」

▶ 第211回「大島石 現場編」

▶ 第210回「大島石と山と空と」

▶ 第209回「25tonもの原石からたった1基」

▶ 第208回「表裏一体」

▶ 第207回「色彩」

▶ 第206回「水と石」

▶ 第205回「目的と手段」

▶ 第204回「自然の産物との対話」

▶ 第203回「god is in details」

▶ 第202回「自然の声を感じること」

▶ 第201回「signal」

▶ 第200回「セオリーの外」

▶ 第199回「key-TOと」

▶ 第198回「広島の盆灯篭」

▶ 第197回「山西」

▶ 第196回「花火」

▶ 第195回「祭りの季節」

▶ 第194回「遠い海から」

▶ 第193回「秘境」

▶ 第192回「人の手がはいることで」

▶ 第191回「お墓のかたち、その意味」

▶ 第190回「出会うべくして出会う」

▶ 第189回「星屑の大島石」

▶ 第188回「完璧でないことがその条件」

▶ 第187回「大島石リフレッシュ」

▶ 第186回「あちらの世界から見る風景」

▶ 第185回「コトワリ」

▶ 第184回「いきもの」

▶ 第183回「春と秋のお彼岸」

▶ 第182回「墓石は石工の仕事でできている」

▶ 第181回「孤高」

▶ 第180回「nippon石博2」

▶ 第179回「nippon石博」

▶ 第178回「ぱっと目を引く」

▶ 第177回「待ちに待った、、、、」

▶ 第176回「ギャラリー石楽」

Page Top